たるんだ肌やなくなったハリを取り戻したい
「たるみ」でお悩みの方へ

たるみの原因

たるみの原因とは?

誰もが避けられないお顔のシワやたるみ…。お肌がたるんで老け顔に見られるのは嫌ですよね。「たるみ」がどのようにして発生するのか、そのメカニズムを知り原因を見極め、その上でどのような改善をするべきか学んでいきましょう。

たるみの原因イメージ

たるみができるメカニズム

たるみは段階を追って深刻化していきますが、たるみの原因は主に以下3つに分けられます。

  • 加齢や紫外線、乾燥による肌老化

    肌表面を支えている真皮層では日々、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンが生成されています。しかし、加齢や乾燥・紫外線により、真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が劣化・減少することで、肌のハリや弾力が失われ、表皮を支えられなくなってきます。

  • 表情筋などの筋肉低下

    無表情でいたり表情を変えることが少ないと表情筋が弱まり、次第に皮膚を維持できなくなり、たるんでいきます。日頃から表情筋を動かす習慣がないと、さらにたるみは加速します。

  • 脂肪組織・繊維の老化

    脂肪層では、重力で脂肪が垂れないようにしっかりと繊維が固定されているはずですが、加齢に伴い重みに耐えきれなくなってきた繊維が徐々にたるんでいき脂肪がずれ落ちてきます。

肌の老化の流れイメージ before 正常な状態のお肌 から after ダメージを受けた状態のお肌のイメージ

たるみの種類

まずは自分の症状を知ることが第一歩!あなたが気になっている部位は?

たるみの目立つ部位は、体型や骨格などによって人それぞれ。あなたが一番気にしているたるみの原因をチェックしてみましょう。

ゴルゴジワ

目頭から斜めにのびるたるみによるシワ。頬や目元の真皮層の老化、表情筋の衰えによりたるみが生じ、皮膚や脂肪を支えられなくなりたるみラインが形成されます。また、ゴルゴじわは、骨格による影響も強いとされています。

目元のたるみ

上まぶたや下まぶたのたるみ・膨らみ。目周りの真皮層の老化、筋肉の衰えによりたるみが生じ、弾力と筋力を失った目の上は、皮膚や脂肪は下方に向かって下がり、まぶたに覆いかぶさるようになります。

マリオネットライン

口元からあご先にかけてのびた口元のたるみ。口元の真皮層の老化、口周りの筋肉と皮膚の癒着によりたるみが生じ、その癒着した上にゆるんだ皮膚と脂肪がおおいかぶさり口元にへの字のたるみじわが形成され、ブルドッグのような顔立ちになります。

ほうれい線

鼻の両脇から口元の両端に伸びるシワ。頬まわりの真皮層の老化、表情筋の衰えにより、頬の皮膚や脂肪を高い位置で支えることができなくなり、ほうれい線となります。重度になると、美容液での手入れ・表情筋トレーニングやマッサージだけではリフトアッブは困難です。また、骨格や筋肉のつき方が要因となるケースもあります。

たるみの対策

日頃の生活で心がけたいたるみ対策!

加齢に伴うたるみは避けて通れないけれど、少しでもお肌のたるみは防ぎたいもの…。普段からできるたるみケアとして、たるみを抑制する4つの対策とお肌を維持する4つの栄養素についてご紹介します。たるみの正しいケアを理解し、肌のハリや弾力をキープできるように心がけてみましょう!

たるみを抑制する4つの対策

  • 紫外線対策は万全に

    肌へのダメージを与える紫外線はたるみにとって天敵です。長時間浴びていると真皮層に含まれるコラーゲンやエラスチンが破壊され細胞が傷つき老化スピードを速めるため、外出時は必ず日焼け止めを塗りましょう。

  • 急激なダイエットは避ける

    皮下脂肪が激減すると余った皮膚はたるみとなります。加齢とともに伸びた皮膚は戻りにくくなるため、日頃から食生活や運動を見直して上手にコントロールされることをおすすめします。

  • 保湿ケアをして乾燥予防

    肌が乾燥すると新陳代謝が悪化し、古くなった角質が溜まりやすくなります。真皮層の働きが鈍り、お肌のハリや弾力が失われていきます。保湿や乾燥する時期にはお気を付けください。

  • マッサージで筋力老化を抑制

    むくみによる皮膚のたるみ筋力老化によるたるみを抑制するため、表情筋を動かしたり、マッサージを適度に行うことでリンパの排出を促し、筋力の老化を抑制しましょう。

お肌を維持する4つの栄養素

  • ビタミン

    老化を促進させる過酸化物質を抑制するビタミンCや新陳代謝をサポートするビタミンB、老化や肌荒れ防止効果があるビタミンAなど、ビタミン群はお肌の味方!体内で産生できない栄養素のため、食事やサプリメントで足りない栄養素を補いましょう。

  • コラーゲン

    肌や骨を作るたんぱく質のひとつ。肌を生み出す大切な成分なので、サプリメントなどで不足気味なコラーゲンを体内に摂取し、カラダの内側から肌のハリや弾力をサポートしましょう。

  • ヒアルロン酸

    優れた保湿力を持ち、お肌にうるおいと柔軟性をもたらすタンパク質のひとつ。お肌を乾燥から守り、やわらかさをひき出します。肌の潤いに欠かせない存在です。

  • ミネラル

    多くの栄養素の吸収をサポートしたり、さまざまな働きを補助するミネラル。栄養素が最大限の働きができるようにするためにはミネラルの摂取は必要不可欠です。肌の酸化防止にも効果があります。

たるみの改善

早期解決したい方や地道なたるみケアに疲れた方には “美容医療”でたるみ改善!!

美容医療では、ダウンタイムがなく手軽に受けられるものから、本格的に治療ができるものまでさまざまな治療方法があります。目に見える効果が得られるだけでなく、いつまでも若々しいお肌をキープすることも可能です。たるみのお悩みを一掃したい方にはぜひ美容医療をお試しください。

※ダウンタイム…施術後に起こる腫れやアザが回復するまでの期間のこと。

人物イメージ

たるみを根本から改善したい方

たるみを根本から改善するには、真皮層を熱で刺激しコラーゲン産生を促し、肌の再構築を促す高周波治療方法がおすすめです。代表的な治療方法として『サーマクール』が挙げられますが、そのほかにも即効性の高い『リファームST』や真皮を生み出す機能に直接効果をもたらす『ポラリス』など、治療効果や作用する場所が異なるさまざまな高周波治療があります。

たるみ改善イメージ

たるみに効くオススメ高周波治療法

  • 『サーマクール』

    高周波の熱によりコラーゲン産生を促し、肌の奥からハリと弾力をよみがえらせる治療

たるんだ肌を引き締めたい方

たるんでしまったお肌を改善するには、切らない糸治療(フェザーリフト)がおすすめです。使用する糸はギザギザした形状をした溶ける特殊な糸で、挿入時に皮下組織と絡みあい、ぐっとお肌を引き上げます。キープ力の高さが魅力的です。少々ダウンタイムが伴いますが、糸を通すだけの治療なので適用部位が広いほか、傷跡も目立たず、即効性が高いため施術後すぐに効果を実感できます。

フェザーリフトイメージ

たるみに効くオススメフェザーリフト治療法

  • 『ミントリフト』

    強度や伸縮性に優れ、高いリフトアップ力&持続性を誇る糸治療

  • 『3Dリフト』

    円錐状のコーンが向かうようについた糸でたるみを立体的に引き上げる糸治療

くぼんだたるみでお悩みの方

たるみで凹んでしまったお肌には、注入治療がおすすめです。ハリをなくし、くぼんだ部分にヒアルロン酸や自身の脂肪などを抽出して注入することで、皮膚を内側からふっくらさせて凸凹を解消して滑らか肌へと改善します。手軽にできる『ヒアルロン酸注射』から半永久的な持続効果をもたらす脂肪注入などがあります。

ヒアルロン酸注射イメージ

たるみに効くオススメ注入治療法

  • 『ヒアルロン酸注射』

    くぼんだ部位に注入することで凸凹をなくし、ふっくらとしたハリのある肌へと改善する治療

たるみ治療法を詳しく見る

カウンセリングをご希望の方へ

無料カウンセリング

本サイトを運営しているオザキクリニックでは、無料でメールカウンセリングを行っています。左記フォームよりご相談内容をお送りいただきますと、専門ドクターやカウンセラーがご相談内容に対して丁寧にお答えします。