点在するお顔のシミ・くすみを消し去りたい
「シミ」でお悩みの方へ

シミの原因

シミのメカニズム

シミとは、表皮に現れる黒色の色素細胞のことで、紫外線を浴びると色素形成細胞(メラノサイト)が活性化し、シミのもととなる「メラニン」と呼ばれる色素を作り出します。メラニンは、紫外線を吸収したり散乱したりする働きにより、皮膚がんの原因になると言われている有害な紫外線から細胞を守ってくれます。

一時的なメラニンの増殖(日焼け)ならば、メラニンは皮膚のターンオーバーとともに排出されますが、年齢とともにターンオーバーや新陳代謝が衰えることでメラニンの過剰増殖を起こし、色素沈着となり肌に残るようになります。これが「シミ」です。

シミのメカニズムイメージ

シミの原因とは?

シミの原因には、大きく分けて外的要因、内的要因に分けられます。代表的なものだと紫外線があげられますが、それ以外にもシミを発生させる原因はいくつも存在します。

外的要因

  • 紫外線(光老化)によるメラニン色素の活性化
  • 摩擦などお肌への過度な刺激
  • 肌荒れ・炎症による色素沈着
  • たばこなどの有害物質による肌ダメージ
  • ストレス・睡眠不足・慢性疲労による細胞酸化

内的要因

  • 加齢に伴う肌回復力の低下
  • 遺伝による色素沈着
  • 妊娠などのホルモンバランスの影響
  • 病気などによる免疫力・抵抗力の衰え
  • 不規則な食生活による栄養バランスの崩れ

シミが表れやすい部位

顔はシミが表れやすい部分で、特にお肌の弱いところや紫外線が当たりやすいところに好発します。そのほか、お手入れが甘くなりがちな手の甲や手首も、シミの発症が多い傾向にあります。

  • 目周り

    皮膚が薄くダメージを受けやすい部分でもあり、目尻のあたりや目の下に好発します。

  • 日に当たりやすい部位で最も好発しやすい部位です。特に頬骨などの高い部分に出来ることが多いとされています。

  • 口周り

    唇自体に出来ることは少ないようですが、広角から下の部分に好発しやすいです。

  • 日焼けの蓄積が起こりやすい部位で、髪の生え際や眉の上など部分的に好発します。

  • 手の甲や手首

    超時間運転をしている人や、普段から露出をしているけれど特に日焼けケアをしていない人によく表れます。

シミの種類

シミにはたくさんの種類があり、
数種類のシミが重なり合っている場合がほとんど!

シミにはさまざまな種類があり、年齢や性別などによりシミの傾向は異なります。お悩みのシミ症状がどのシミに該当するのか、チェックしてみてください。

  • 日光性色素斑 / 老人性色素斑(にっこうせいしきそはん / ろうじんせいしきそはん)

    30代ぐらいから発生するもっとも一般的なシミ。紫外線によってできたメラニン色素が、加齢や日光による表皮細胞の老化とともに表皮に沈着します。再発しやすく平らで境界がはっきりしているのが特徴です。
    日光性色素斑 / 老人性色素斑(にっこうせいしきそはん / ろうじんせいしきそはん)イメージ
  • 雀斑(そばかす)

    比較的浅く茶色の細かい斑点状のシミで、遺伝的要素が強いと言われています。遺伝が原因であれば年齢を重ねると徐々に消える傾向にありますが、加齢が原因のケースだと簡単には消すことができません。
    雀斑(そばかす)イメージ
  • 脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

    中年以降の男性のコメカミ近くに好発する良性腫瘍(イボ)。再発しやすく、放っておくと少しずつ大きくなります。形状は平らなものから隆起するものまでさまざまです。
    脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)イメージ
  • 炎症後の色素沈着

    火傷や虫刺され跡、ニキビ跡などの炎症が治まった後にできる色素沈着です。放っておくと治るものもあれば、炎症が深層にまでおよび治りにくいものもあります。
    炎症後の色素沈着イメージ
  • 日光性花弁状色素斑(にっこうせいかべんじょうしきそばん)

    20~30代の比較的若い世代に多く見られる星状のシミ。強い日焼けなどが原因で背中や胸に好発します。
    特に色白で日焼けをすると赤くなるタイプの人に多く見られる傾向があります。
    日光性花弁状色素斑(にっこうせいかべんじょうしきそばん)イメージ
  • 肝斑(かんばん)

    30~40代の女性に多く見られる左右対称に現れる褐色のもやっとしたシミ。妊娠後期など女性ホルモンバランスの崩れが大きく影響しているとされています。強い刺激を受けると悪化する場合があります。
    肝斑(かんばん)イメージ

シミの対策

シミ対策の基本は『紫外線ブロック』

シミの具体的な症状を理解した後は、どのようにシミを予防していくかが重要です。シミ対策の基本はもちろん紫外線対策!!日差しの弱い季節だと、ついつい紫外線対策を怠る方がいますが、それは危険信号です。紫外線は年中私たちの肌に降り注ぎお肌を攻撃しているので、肌を健やかに保つためにもしっかりとしたケアを行いましょう。

できることから始めよう!生活習慣の見直し

シミは紫外線からだけではなく、日頃の生活習慣の中にも発生させる要因が潜んでいます。すべてを解決するのは難しいですが、一つひとつ自身の生活習慣を見直し、シミの発生要因を解消することでシミが発生しにくい習慣をつけることが大切です。

  • むやみにお肌を刺激しない
  • 肌荒れ・炎症の早期治療
  • たばこをやめて有害物を取り込まない
  • 十分な休養・睡眠をとる
  • 栄養バランスの取れた食事を心がける

シミの治療

でてきてしまったシミには美容医療による”シミ治療”がおすすめ!!

人物イメージ 日焼け止めを塗ってシミ対策を万全にしていても加齢とともにどうしてもシミは出やすくなってきます。意識していたけどシミが出てきてしまった…そんな時、化粧やコンシーラーなどで隠していませんか?
治療をせずに放っておくとどんどん濃くなっていくばかり。そしていつかは、化粧では隠せないほど症状が悪化してしまうことも。
シミが現れてしまったらそれは治療のサインです。レーザー治療やピーリング治療など美容医療で治療をすることで早期解決ができ、さらに+αで治療を受けることでワンランク上の美肌を手に入れられます。

シミ・くすみに効くオススメ治療法

  • 『フォトRF(オーロラ)』

    ダウンタイムがほとんどなくお肌への負担が少ないメラニンを撃退する光治療

  • 『フラクセル』

    ニキビ跡など炎症による根が深い色素沈着におすすめ!肌入れ替えレーザー治療

  • 『QスイッチYAGレーザー』

    根が深いシミを撃退!ポイント照射でターゲットのシミを確実に除去するレーザー治療

  • 『ラクトピーリング』

    お肌のターンオーバーを正常化して、シミやくすみを排出するお肌に優しいピーリング治療

シミ治療法を詳しく見る

カウンセリングをご希望の方へ

無料カウンセリング

本サイトを運営しているオザキクリニックでは、無料でメールカウンセリングを行っています。左記フォームよりご相談内容をお送りいただきますと、専門ドクターやカウンセラーがご相談内容に対して丁寧にお答えします。